実需筋と投機筋とは?それぞれの違いについて

 為替市場に参加する人たちというのは様々な考えを持っておりそれぞれ目的が異なります。しかし基本的には2種類に分類され、一つを「実需筋」もう一つを「投機筋」と分けています。さてこの2つの違いとは何でしょうか。

まず実需についてですが、こちらは貿易など実際のビジネスにおいて消費、投資に必要な為替のことを意味しています。実需筋の参加者は主に電力、石油、自動車などの大企業です。海外拠点を多く持っている日本の大手自動車メーカーがあります。海外での売り上げ分はもちろん外貨で入ることになるので、日本国内に利益を送るとすれば円に替えくてはなりません。ここで海外で売り上げた利益分の外貨を売り、国内通貨である円を買う為替取引が必要となるのです。

このような為替取引は貿易ビジネスには欠かせないものです。実需筋というのは、輸出入を行う企業などが、実需に基づき市場に参画しているためそう呼ばれています。

ではもう一方の投機筋についてはどうでしょうか。投機とは短期間、短時間で利益を得ようとすることです。外貨が必要不可欠である実需とは異なり、為替の変動を利用し差益を狙い短期売買する市場参加者のことを投機筋と呼んでいます。投機筋の参加者とは一般的に証券会社、ヘッジファンド、プロのトレーダー、個人投資家などです。

投機筋で割合が大きいのは機関投資家で、資金量も豊富で大きな量を動かせるため市場への影響も大です。短期的な取引が主なので、為替が劇的な変動を起こすこともあります。

影響度の高い投機筋の動き方

投機筋の相場参加は、短期的に大きな影響を与えるため動き方には注目すべきところです。時間が限定されていることもあり、為替取引に好材料となるものを集め、集中して利益を取りにくるのが投機筋です。こういった様相を知ることは為替レートの動き方を予想する上で必要不可欠です。

取引の材料はいくつもありますが、金利はわかりやすい材料でしょう。通貨によって金利が違うので、高い金利の通貨が買われ、安い金利の通貨が売られるのは自然の流れです。例えば、金利は取引においてわかりやすい要素です。国の政策などにより通貨にかけられる金利はそれぞれ異なります。このような取引材料となる金利をうまく使い、高金利の通貨が買われる傾向は高くなりますし、逆に低金利の通貨は売られやすくなります。

また、金融政策に言及するような最高機関などの発表時も取引の材料として注目されます。日本銀行が金利に関する言及をすれば、例えば金利がアップするという内容を含ませれば、通貨が買われる傾向となるはずですし、逆なら売られるというわけです。

その他に、円とアメリカドルの通貨間で大きく影響を与える発表にアメリカの雇用統計があります。毎月発表される雇用統計の内容とは、失業率をはじめとした就業者数の統計ですが、これらの数字が金融政策にも大きく関わることとなります。

そして政府や経済界の要人による発言にも注目する必要があります。日銀総裁や財務大臣といった人物が為替に関係するような発言をすると、景気への期待感などによりレートが振れるのです。

投機筋は基本的に短期で利益を得ることに集中しているため、常に世界の動向に目を光らせています。紛争やテロなどが起きれば中立国であるスイス通貨へ資金が流れます。金融不安が煽られれば円をリスク回避先として買うこともあります。差益が狙えればターゲットなる通貨は変わり、それにより為替レートも動く流れとなるのです。

株式市場


株式市場はいつも株式を買ってから売る取引だけではなく、株価の値下がりを見越して空売りする方法もあります。

しかし、空売りはじっくり株価が上がりきった後を見計らい、高値掴みをした買い方が損切りをしなければどうにも立ち行かなくなったときに、空売りをし始めないと、空売りで儲けることは難しいです。

しかし、実際には株式を絶妙なタイミングで空売りしたとしても、株がまた上がるのではないかという不安からその株式の買戻しはとても早くなってしまう傾向にあります。



fs88