為替レートの上げ下げどちらかを予測してポジションを取る

688 FXのバイナリーオプションとは為替レートの上げ下げどちらかを予測してポジションを取るシンプルなFX取引の一つです。

通常のFXでは新規注文が約定したら決済注文を出してポジションの解消が行われてから利益や損失が確定しますが、バイナリーオプションでは新規注文が約定したら、基本的に待つだけで結果が自動で出ます。業者によっては途中で転売することが可能で、利益確定や損切することも可能です。的中した時に得られるリターンは購入資金にペイアウト倍率を掛けた配当金です。ペイアウト倍率は変動する場合と固定されている場合があります。1ロットあたりの配当金を1,000円に固定して、購入金額を変えるルールを採用しているところもあります。1,000円の購入金額に対して配当金が1,800円ならペイアウト倍率は1.8倍となります。残念ながら不的中となった場合は購入資金はすべて没収となります。

しかし為替相場の乱高下に巻き込まれてロスカットされるまで損失が膨らんでしまうと言うリスクが無いのが良い所です。バイナリーオプションにはいろいろな種類があって、ラダーオプションでははしご状に段階的に目標レートが設定されています。今の為替レートから離れているほどペイアウト倍率が高くなり、的中した時の配当金が高くなります。離れているほど的中が難しくなるので、複数の目標レートからペイアウト倍率や的中のしやすさなどを考えて戦略を立てることが必要です。ワンタッチオプションでは目標レートに一度でもタッチすれば的中になるので、ラダーオプションより的中しやすいのが特徴です。

どちらかと言うとラダーオプションはトレンド相場に向いており、ワンタッチオプションはレンジ相場に向いています。これらのバイナリーオプションを相場状況に応じて使い分ける戦略もあります。その他、レンジインオプションやレンジアウトオプションもあります。レンジインオプションはアジア時間など為替相場の動きが少ない時に向いています。レンジアウトオプションは米国の雇用統計が発表される時など為替相場が乱高下するのが見込まれる時に向いています。

バイナリーオプションを取引するには業者に口座開設が必要です。国内業者は取引期間に規制が掛かり、2時間以上と制限がかけられています。このためほぼ2時間ごとに回号が開催されていて、一日に何回も取引を繰り返すことが出来ます。海外業者は国内の規制とは関係ありませんので、30秒や60秒と言った超短期取引が行われています。しかし海外業者の一部には出金トラブルも見られますので業者選びがとても大切です。

株式市場


株式市場はいつも株式を買ってから売る取引だけではなく、株価の値下がりを見越して空売りする方法もあります。

しかし、空売りはじっくり株価が上がりきった後を見計らい、高値掴みをした買い方が損切りをしなければどうにも立ち行かなくなったときに、空売りをし始めないと、空売りで儲けることは難しいです。

しかし、実際には株式を絶妙なタイミングで空売りしたとしても、株がまた上がるのではないかという不安からその株式の買戻しはとても早くなってしまう傾向にあります。



fs88